研修実習協会
インドネシア人実習生

日本で実施されるインターシッププログラム(研修)は様々な国から若い労働者を受け入れ、日本の持つ産業技術の伝達及び習得を目的とした訓練を行っています。また帰国後に現地での産業、企業の発展に貢献できるよう、個々の能力向上にも力を入れてます。

技能実習制度は、最長3年の期間において、技能実習生が雇用関係の下、日本の産業・職業上の技能等の修得・習熟をすることを内容とするものです

インドネシアオフィスでは、やる気満々の人材を広く公募し、より優秀な実習生の確保に努めております。 日本に来る事前準備として基本的な日本語教育だけでなく、日本の文化や習慣を学ぶプログラムを実施する事により日本企業の中で即実戦力として研修活動が行える様に指導を徹底しております。

世界の時代と国際協力を利用してインドネシアの発展に大きく貢献できる若者を育成することが私の最大の目的です。そのためには、先進国の高度な技術と管理技術を習得するために、日本はインドネシアの発展への近道であり、若者にとって明るい未来を築くための基礎として機能しています。技術インターンシップのスキルなどを身につける機会もあり、日本の国際協力と国際貢献の重要な役割の一つです。

「外国技能訓練システム」を利用することで、その活動に期待が集まります。 日本で実施されたインターンシップ(研修)は、各国の若手労働者を受け入れ、日本の産業技術の発信と獲得を目的とした研修を実施しています。また、帰国後に国内の産業や企業の発展に貢献できるよう、個人の能力向上に力を入れています。 テクニカル・インターンシップ・プログラムは、技術インターン研修生が、日本の産業や専門家の雇用関係における習熟度を最長3年間獲得し、習得することに基づいています  バリ事務所では、モチベーションに訴えるために広く公に招待され、より良い学生インターンを確保するために努力しています。来日のための準備として、基本的な日本語教育だけでなく、日本の文化や習慣を学ぶためのプログラムを実施することで、日本企業の真の戦争潜在力として訓練活動を行うことができるよう指導が徹底されます。

BISTRA KENSHU SENTAは、中小企業の「国際貢献」と「人事交流」を実現するための外国人技術者を受け入れます。会社の職場を活性化させ、研修生を受け入れ、国際交流を支援します。
バリに本社を置くBISTRA KENSHU SENTAは、バリに支店を開設し、事業の拡大に応じて研修生を受け入れます。事業所を広く募集したいのですが。ご協力をお願いします。
バリ島はインドネシアのイスラム国に属しますが、それは島です
ヒンズー教は大多数であり、ヒンズー教は仏教に最も近い宗教です。日本ではよく知られた考えや習慣を持った宗教です。
特にイスラム教で厳しく禁止されている豚肉。アルコールも日本語と同様に問題なく食べることができます。
日本の生活にはなじみがあり、トラブルは少ないと言えます。
また、日本人はお互いに触れ合うことができます。
どうもありがとうございました。

Office Bali, Indonesia